スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

アルバム曲感想ー☆

2010/07/14 Wed 21:39

・・・・・・残り2曲。(笑)


あ、いらっしゃいませ♪


前にソロ曲の感想書いた時も言ってましたけど、
ほんっまそこまで行ったんやったら書いてまえばよかったんちゃうんかーい!(笑)
・・・とは言いつつ、実は曲感想ってかなりの時間を費やして書いてるので
一旦集中力が途切れたり、物理的に時間なかったりすると中々着手できないものだったりもします。(笑)

ってな訳で前回(その1その2)ソロ曲まで行ってた
アルバム曲感想、FINALです^^!


【PROMISE SONG】

これはやっぱり・・・・・・ですよねー。(←?)
最初に聴いた時、ホント泣きましたねぇ・・・;;ハウッ

初っ端のかめパート1行、続くゆっちパート1行。
じんに向けて語りかけるような歌詞でこの並び・・・同期の3人。
もうね、トムそれだけではうはう;;なっちゃって。(←早っ!)
ほら、年とると涙腺緩くなるって言いますよね。(←や、30年前から緩かったやん、アンタ)
あっでも歌詞についてはまぁ大体皆さんと同じようにトムも感じてると思うので
そこんトコはちょっと置いときます^^。

この曲、ピアノとストリングスがすごく効果的に曲の波を作ってるっていうか、
元々KAT-TUNって激しい系統のカッコイイ曲とバラードの泣かせる曲と
それがすごく両極端なグループだとトムは思ってるんですけどね?
今回はピアノから始まって途中からストリングス系が入ってくるんですけど、
そのピアノの音がねー、なんかすっごく幼い感じがしたんですよトム。
幼いっていうか、無垢っていうか、純朴っていうか、なんかそういう『子ども』って感じのイメージ。

対してストリングス系は、弦楽器が元々持ってるあのどっしりとした風格や重みのある音で
こちらはすごく大人っぽいっていうか、すごくね、柔らかな強さみたいのを感じたんです。
しなやかさっていうのかな?
この曲はそういう、1曲の中でも両極端な印象がトムには残りました。

デビュー前からオリジナル曲がすごくたくさんあっていろーんなタイプの曲を歌ってたKAT-TUNなので
表現力っていう意味で経験値が高い彼らの今回のバラード。
今までよりもさらに胸に沁みる1曲ですねぇ・・・vv(ほふぅー)


【HELLO】

さてさて、PROMISE SONGでしっとりした後はボーナストラックで・・・キター><!
6SENSES路線のこういう、リズム重視の曲も大好き!(かぁっこい~vv)

でも6SENSESの時よりグッと大人っぽくなってますよね~^^。
曲自体のメロディーラインや打ち込みの仕上げ方はもちろん、声の出し方や声質、歌い方、煽り方・・・
意識してなかったとしても経験を積むことでやっぱりテクニックはある程度ついてくるものですしね♪

Hey!とかHA!の掛け声や、サビのユニゾンのHELLO♪もいい感じ☆
そしてライブでの聖とのCLAPの掛け合いも超楽しそう~vv 今から既にわくわくですvv

あ、そうそう。1コ思ったことがあって。
・・・この曲だけなんかすげー1発録りっぽい。(笑)
普通はプロがCD作るってなったら何度もテイクを重ねて録るのが当然で、
それって上手く歌えるまでやるってことだけじゃなくて、声がだんだん出やすくなったり、
歌メロをこうしようとか、込める感情を何種類か録ってみてからハマるのを選ぶとか
まぁ理由は色々あるんですけど。

でもこの曲はノリを重視したかったのかな?
あんまり考えすぎないように、イジリすぎないように、サラっと録ってる感じがしたんですよね~♪
何人かで歌う『グループ』の場合、細かな音の運びとかももっとキッカリ揃うようにすることが多いのに
その辺りも割と大筋だけ決めて後は各自好きに歌うって雰囲気が感じられて、
こういう曲はトムもそっちの方がかっこいいなーって思いましたねー^^。


・・・曲感想やっと最後まで書けたー><!
ようやく宿題が1コ片付いた♪ すっきり♪(笑)

今日はなんか調子いいなーvv
仕事帰りにぴあも見てこれたんですvv
アリーナツアーオーラス、インテのライブレポ☆
ちっちゃい写真がいーっぱいですんっごい楽しかった~vv(ぴあさんあざすvv)

手繋ぎごくんのショット・・・NUご夫妻のんまーぁラヴラヴなこと!(笑)
その時のたっちゃんのちょんまげが今までのとはちょっと違って、これまた超~~~カワイイっvv

中丸せんせーに噛み付いたヴァンパイアかじゅや(6)。
「カプッ」って横に書いてんの、めっちゃオモロカワイイ。orzプククク
その時のゆっちっていっつも完全に真顔なんですよねー。(笑)
でもこの公演の1コ前ではそんなゆっちもノっちゃったという。orz>我慢しなくていいんだよ?
そういやぴあにも『かめが暴走していつもは止めるゆっちも暴走してた』みたいに書いてましたね!(爆笑)

今回のTVぴあの記者さん、かなりファン寄りの方だったっていうかね?
5人のこともすっごくよく知ってらっしゃる感じがしたし、ファン目線もよく分かってくださってたし
細かいテキストも全部順番に読んで、すーごくあったかい気持ちになりましたvv

『最愛のファンを味方に、最高の思い出を胸に・・・
こうしてKAT-TUNの夏、そして世界を目指す次の旅は始まった。』

記者さんがKAT-TUNとファンを見た時に出た言葉・・・嬉しいなぁ;;ジワ

あー今日は置いてきたけどやっぱりほしいなぁ。明日買ってこようかなぁ。(悩)

そんなTVぴあは次号もKAT-TUNのライブレポが載るんですね~vv(by本誌予告)
じゃあ今度は今週末のドームの分かな^^?

アルバムを引っさげて、世界に飛び立つKAT-TUN!
いよいよ明後日からですねー☆

楽しみすぎるーぅvvvvvv



んではまた^^。See You♪
LivingRoom 住人:トム | コメント(2)
コメント
merimeriさんへ♪
わーいvv 褒められたーvv>音楽を言語化
嬉しいですー><!
ありがとうございます///テレ
やっぱりバンドやってたこともあって、時間かかってもやっぱりきちんと書いておきたいんです^^。
だからそれを読んでくださった皆さんが楽しんでくださってるのはほんっとに嬉しいです♪

ねー、ホントぴあよかったですよね~vvvv
残念ながらトムはあの、オーラスの場にはいられなかったんですけど、
お友達の皆さんがすごくたくさんいらしたので、トムもあちらこちらのレポで見せてもらってた
楽しい雰囲気が写真でさらにリアルになってとっても嬉しかったですーvv

いよいよ明日ですね^^!
merimeriさんもいーっぱい楽しんできてくださいねっvv
はろー
まいどトムひゃんの音楽を言語化する能力に脱帽です。
そうそう、そーなんだよーって自分の思いをきちんとトムひゃンが
言葉にしてくださるので、私は書く必要がありません(←単なる怠惰)
Hello楽しみにしています。

ぴあ、よかったですね。あの場に自分もいたのだと思うと
感慨もひとしおです。そしてトムひゃんも、あの方もあの方も・・・・
ライヴの一回性ってほんとに尊いですよね。
それを改めて実感しました。

さードームだ!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。