スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

は~楽しみっvvvv

2010/10/13 Wed 19:27

いらっしゃいませー♪


さーて、自分用メモのためにも新曲の詳細を書いとこーっと☆
以下しんせーどーさんより。


CHANGE UR WORLD

11月17日発売!
※ジャケットデザインは、初回限定盤1、初回限定盤2、通常盤で全て異なります。


<初回限定盤1> 1,680円  DVD&16P歌詞ブックレット付き(予定)

1.CHANGE UR WORLD

懐かしさを感じるメロディーを、攻撃的ギターと未来的なシンセサイザーで彩った、何者にも似ることのない楽曲。ドラムはKORNのRay Luzierが特別参加。

 この挑戦で、未来が変わる。
KAT-TUN13枚目のシングルでは、流行に流されないユニークな楽曲で、音楽シーンのフロンティア(開拓者)であるというメッセージを発信します!

・DVD収録内容
  CHANGE UR WORLDビデオクリップ&メイキング
  Summer Premium Event 2010 メイキング


<初回限定盤2> 1,260円

1.CHANGE UR WORLD
2.REMEMBER
3.ニートまん(上田竜也)
4.GIRLS(NTT presented by Junnosuke Taguchi)

「REMEMBER」
正統派のハードロックにKAT-TUN流のシンセサイザーを追加。過去があるから今があることを、真っ直ぐに歌う歌詞に注目。BASSに元MR. BIGのBilly Sheehanが参加。(ビリー!)(いえーっ><!)

「ニートまん」(上田竜也ソロ曲)
ソロコンサートでお馴染のオリジナル曲。前向きに生きようとする人々を応援する、明るいロック曲。

「GIRLS(NTT presented by Junnosuke Taguchi)」(田口淳之介ソロ曲)
サポートに田中聖と中丸雄一を迎えて制作したオリジナル曲。三人の頭文字をとったユニット名は「NTT」。レゲエのビートに乗せて3人が代わる代わるボーカルを握る、ノリノリな楽曲。


<通常盤> 1,050円

1.CHANGE UR WORLD
2.GIVE ME,GIVE ME,GIVE ME
3.NEVER × OVER ~「-」IS YOUR PART~
(4~6にカラオケ)

「GIVE ME, GIVE ME, GIVE ME」
エフェクトボーカルの先駆けとなったKAT-TUNが、元祖であることを証明するカッティングエッジな楽曲。カップリングにするのが惜しいほどの完成度をもつ、ファン必聴の1曲。

「NEVER × OVER ~「-」IS YOUR PART~」
アッパーなエレクトロビートに乗せて、メンバー一人一人を紹介していく楽曲。歌詞中の「-」の部分をファンが一緒に歌うことによって、コンサート会場で初めて完全形となるコンセプト楽曲。



ロック野郎のトムはとりあえずREMEMBERにガッツリテンソン上がりましたが(笑)、
もひとつ気になってたのが、『ドラムはKORNのRay Luzier』の紹介。
トムは聞いたことないなーって思ってたら、
Rayさんは最近KORNに入ったんですね^^!
過去には、ビリーとかデヴィットリーロスとも一緒にやってたりしてて。

逆にKORNはバンドメンバーがかなり変わるタイプのバンドですねぇ。(byうぃき)
あーニューメタルかー!あんまり聴いたことないジャンルなんだよなぁ。
おぉ、テリーボジオ!バッドレリジョン!スリップノット!!
気になる名前がいっぱい出てきました。(笑)
ちょっと聴いてみるか・・・^m^ウヒ

そして他にもウキウキワクワクな情報がいっぱい出てますね~vv
お昼にも叫びましたがイベントのメイキングとか!にーとまんとか!NTTとか!(笑)
“- is your part”とかvvvv

あーあと1ヶ月かぁ~vv
楽しみだな~~~vvvv


それと、こちらも自分用メモとして^^。
らいふへんしゅーちょーさんの記事を残させてもらおーっと♪

壮行会の笑顔

やっぱりその笑顔がうれしかった。
苦手なはずのトークも予定時間以上に引っ張り、
“出し惜しみの笑顔”も惜しみないほどに披露した。

誌面で見せた、その笑顔の中には、ちょっとぶっきらぼうに、
“心配かけたけど、心配する必要なんてないから”
“俺、意外にちゃんとやってるよ”
少しだけくちびるをとんがらした、そんな強がりな彼の心の声が聞こえた気がした。

でも、、、

“こんなに待たせたのに、今までと変わらない笑顔をありがとう”

照れ屋でシャイな彼のことだから、そうは言わない。
たた、集まってくれたたくさんの人たちの、これまでと変わらぬ温かい歓声がうれしかった。

だから、自然と笑顔がこぼれた。

いろんな人に心配をかけた。
それは待っていたたくさんのファンに対しても。
でも、それは彼の本意じゃない。
ただ、自分が選んだ道を歩んでいるだけ。
ただ、目的に向かって真っすぐに歩きたいだけ。

そこにブレはない。

だから、ちょっとぶっきらぼうな仕草も、まだ幼くも見える出し惜しみの笑顔も含めて、僕らは応援したくなってしまう。

来年にはシングル、そしてアルバムリリース、国内ツアーも行うという。
今回(10月13日発売号)はあまりページを割くことができなかったが、また次回がある。

そのときに、赤西仁はどんな表情を見せるのか。
次回に向けて、密かに彼を追い続けていきたい。



分かる人は分かってくれてる。
嬉しいなぁ・・・ほんっとに。(しみじみ)
こういう言葉こそ、たくさんの方に届いてほしいですよね^^。


んーっと今日は他にもJすとーむのHPがリニューアルされてたり、
各TV誌のじんが可愛かったのと、もれなく(だったかな?)かめも載ってて
らいふだっけ?たっちゃんのソロライブの記事もあって、
かなりウキウキして帰ってきました♪

あぁ~んあんはパラパラっと写真だけ先にチェックしたんですけど・・・
後程またしっかりと堪能します。(うふv)(←ムッツリか)

とりあえず先にやることやっとかないとだー><!
お返事も後程~☆



んではまた^^。See You♪
LivingRoom 住人:トム | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。