スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

さーて!

2010/11/26 Fri 23:17

ウッキウキのニュースが入ってきて浮かれぽんちでーすvv


あ、いらっしゃいませー♪


今日は会社帰りにお買い物に行ってました^^!
ダーリンに冬用の上着を買おうと思って行って、
今までは候補に挙がることがなかったダウンジャケットを買ってきました♪

夫婦揃ってロッカーなトムんち。
今までは買うものっつったら革ジャンとか、
色は黒だけどえりにふわふわついててウエストで絞った派手なラインのレディースのコート
・・・をダーリンに、とか(笑)、靴はブーツばっかりとか、
とにかくそんな、35と34になってもそんな夫婦だったんですけど、
それでもまぁちょっとは丸くなってくるもんでして、ええ。(笑)

とにかく防寒面を主に考えてダーリンにダウン買いに行って、
お会計してる時に気付いたらメールがすげーじゃんじゃん入ってきてて
じんが大阪に行くってよーーーvvって^^!(ありがとねっvv>私信)

あ~~~ホント嬉しいなぁvv
前回もお江戸だけだったから行けないー!って言ってらした方の中で
城ホールには行きやすい方、きっとたくさんいらっしゃいますよね~♪
これからは前にも言ってたように、ツアーで全国各地に行って、
たくさんの方がじんに会えるようにしてほしいな~vv

申込み案内は12月4日から随時発送で申込み期限は13日まで延びてましたね^^。
今日届いた会報に同封されてなかったから焦ったよーぅ!事務所さーん。(笑)


で。そんなじんのじゃにnet動画なんですけど、
11月26日New!って書いてるけどこないだ見たヤツですよね?(笑)
あの、拍手3分のヤツ。(笑)
その辺りもちゃんt・・・まぁいいや。カワイイから。(笑)

んでそんなじゃにnet&webに載ってた、聖の雑誌情報☆
これって前に言ってた、聖の好きなマンガの本ってヤツですよね^^!
ゆっちも聖も、自分が元々好きな本に携われてよかったね~vv
・・・ちょーっとビニールかかってそうな気がしますけどねー。(笑)(←こら)

さて、webからもいっこ。本日のにょき日記♪
実にタイムリーに、カレンダーの撮影があったんですね!>そろそろかな~
んでかめとお買い物行ってチキンカレー食べて帰りは送ってもらって
『楽して申し訳ない』と。(笑)
ちゃんと息抜きになったみたいでよかったねーゆっち♪
かめもぱぱんとお買い物・・・ちょっとは寂しさ紛れたかなー?^m^ウヒ
またまた忙しくなりそうなじんだしねぇ・・・

ま、実際は仕事終わって帰っていいってなったらそっこー帰ってきそうな男ですが。(真顔)
絶対かめより我慢できない男だと思いますが。(←なんのや>我慢)


さて、あとはなんだったかなー♪
あ!今日はやっとガイドの和美ちゃん(カワイーvv)も見てこれたし、
上でちょっと言った、会報のたっちゃんの言葉にじんわりほっこりしたり、
火と水の演出、見た時にちょっとだけ火あぶりの刑?でも斬首だったよね、彼女とか
思ってたのがドンピシャだったのが個人的に嬉しかったり。(笑)

そしてそんな会報ですが。

『KAT-TUN  NO MORE PAIN  WORLD TOUR 2010』


いつの間にそんなタイトルついててん。(真顔)>事務所さーん!



んではまた^^。See You♪





(続きはじゃんごーぅの記事です☆)





あちらのフリーペーパー『Weekly ジャングル』でじんの取材があったようで^^。

リンク先のページの真ん中辺りに“PDFで読む”っていうところから写真と記事が見れますvv
(ちなみにその“PDFで読む”を右クリックしたらファイルにも保存できますよー)(←こっそり)

インタビューをされた記者さん、じんと話すのは初めてだったようですが
とっても嬉しい言葉を書いてくださってたのでちょっと抜き出させていただきます^^。


スタッフが彼の事を「ぶっきらぼうですが、すごくいい奴です」と
言っていたけれど、本当にその通りだった。
決して饒舌ではなく、こちらが喜びそうなコメントをくれようともしない。
かといって、世間で言われているような尖った感じもまるでない。
ただ、素直な自分の気持ちと事実だけを、言葉少なに、そのまま、伝えてくる。

スタッフが「赤西仁が作った舞台」だと言うように、今回のツアーは、
全曲の作詞作曲と、構成まで彼が担当している。
半端ではない仕事量と重圧があるはずなのに、彼はただ「楽しくやりたい」としか言わない。
相手を納得させるための上手い説明や言い訳は、一切できないようだ。

ミュージシャン、俳優、日本、アメリカ、なんていう彼に関する
肩書きや活動場所をマスコミは決めたがる。
その先入観を持って質問してみたけれど、「その時、その時、やりたい事をしたい」としか答えない。

ただ、軽い気持ちで、その言葉を口にしているわけではないのは伝わってくる。
「楽しくやりたい」「その時、その時、やりたい事をしたい」
それを実践することがどんなに大変かは、彼自身がよく分かっている。
自分の欲求に対して正直にしか動けない人なのだな、と感じた。



取材相手をウワサだけで判断しない方にとっては
じんってきっとすごく意外というか、なんでそんな風に言われてるのか
分からない人物なんだろうなって思うんです、トム。
映画の番宣の時の、10000字(だったかな?)ロングインタビューを
取材してくださった記者さんも言ってらっしゃいましたよね^^。
ただただ不器用な人だと。なぜもっと器用に世間を渡ろうとしないのかって。

でもそれができないこともじんの魅力の1つだと、
そんな風に書いてくださってた記事もあったなー確か^^。


分かる人に分かってもらえる喜び。
きっとじんも感じてるんだろうな~vv


トムも感じてるもん^^♪
LivingRoom 住人:トム | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。