スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
9月25日(日) 13:00~ in 帝国劇場レポの続き その3☆


あぁっ!大事なことを忘れてた><!
さっきの野球場のシーンで、ジュリが俺も家族捨てよっかなーって言ってた辺りで、

ジュリ「だって俺の兄貴なんてあれだよ?金髪でガニ股で『命はねぇからなー!』とか言って。
    ただのヤカラじゃん。」
カズヤ「うん・・・まぁ否定はしないけど。(笑)」

っていうのがあったんだった><!
これめっちゃ重要なのにっ!!!(←え、そこまで?)


ふー、重要ポイントを思い出したところで次に行こう。(うむうむ)


野球場の後はユウイチinスタジオ^^。
Filmを練習してたんだけど、イマイチ出来に納得がいってないユウイチ。
そこへマコトさん登場で「『愛しているから』幻の作曲家の曲でデビューよ!」。
今回は誰も反対せずに、みんなこれいい曲じゃん!って感じで進んでた♪

で、デビューという言葉を聞いて、借金の心配がなくなったユウイチはカズヤの元へ。
ロッカールームでのカズヤとユウイチのシーン。
ユウイチはもう試合はやめようってカズヤに言いに行くんだけど、
カズヤは、3人の内で1人だけ夢を叶えたコウキのすごさを
自分の身を以って体感したい、と試合に臨みます。
ここのユウイチ。試合することになったのは元々自分の借金の話からだったから、
心からカズヤに申し訳ないと思って、本気で試合しなくて済む状況に喜んでる顔だった;v;
それに、試合をやめさせようとする言葉を何度もかけてた。
カズヤはカズヤで、ユウイチのことがあっての試合だったけど
今は本気でコウキと拳を合わせてみたいっていう、
まだ友情が消えていない様子を表す表情が素敵だったなぁvv

ここで今回は新しいシーンが1つ挟まれてた!
カズヤとコウキの試合をマダムが聞きつけてマコトさんと2人で話すシーン。

マダム「カズヤとコウキが試合ですって!?」
マコト「えぇ、私も止めたんですけどカズヤがどうしてもって・・・」
マダム「何考えてるの!すぐにやめさせなさい!」
マコト「はい!・・・(マダムがハケて)・・・やって、みます。(ニヤリ)」

マコトさん、マジで悪い人なのよーぅ。orzブルブル

さて、試合。
試合は今までとはちょっと違う雰囲気だった!
コウキはジム通ってたって言ってた通りパンチのスピードもすごく速いし体格とかも見事で!
カズヤは(わざと)ゆっくりとパンチを出したり、コウキのパンチを受けてる回数もすごく多かったし
2人の差が歴然っていう色がかなり強くなってた。

で、試合の途中でリングがガーっと上に上がって2人は静止して
ここで3人それぞれの思いを語るトコがあって。
ユウイチは「この試合が終わったら元の3人に戻れるんだ」って。
カズヤとコウキはちょっと内容は忘れちゃったけど、2人もそれぞれの思いを抱えながら
この試合に臨んでるんだっていう描写が入ってました。
勢いでケンカして、ふっかけられたから戦って、ってだけじゃなくて
3人が3人ともにやっぱりお互いへの思いや自分の状況に思い悩む、そういうのを
上がったリングが大きく上下左右にゆっくりと揺れたり、
その上で試合してるカズヤとコウキの動きがスローモーションになったりして、
セリフとか音響とか照明とか舞台装置を使って丁寧に説明してくれてたと思います。

最後、カズヤのカウンターが決まってコウキが倒れたあと、
「カズヤのグローブに鉛の板が!」で、コウキがジュリに「カズヤを怨むなよ・・・っ」。
この辺りは大きなストーリー上の変化はなかったんですけど、
カズヤの表情がかなり変わってました。
今までカズヤは試合に勝ったらチームのメンバーと抱き合ってみんなで喜んでたんですけど、
今回はカウンターが決まった直後からカズヤは、驚きとなぜ?っていう疑問と
チャンプに勝ってしまった・・・!っていう、色んな感情が入り混じった複雑な表情をしてて;;

このねー、ここのかめの、なんか何て言ったらいいのかな、
すごく小さな子どものような顔するんですよ・・・
子どもの、『寂しい』っていう感じの表情;;;;

その後もいつものように、マスコミに追われるカズヤ→マダムがカズヤに仮面を差し出し
身を隠しなさい、と→ハッピーカットクラブへ。

ハッピーカットクラブの頭は前回ふみきゅんととっつーのアドリブから始まってたけど、
今回はマダムがタキシード着て司会者として登場。(お付に京本くん)
この時のマダムの黒のタキシード姿がすげーカッコイイんですよ!
マダム、めっちゃ足長いの!!んで歌もめーーーっちゃくちゃ上手いの!!
そして「私も昔は人妻殺しと言われたものよ」と・・・さすが宝塚。(真顔)
そこへ登場の、今回チャンプチームからカズヤを追ってきたのはイワモトくんです^^。

イワモト「カズヤどこだーーー!」
 マダム「あーちょっとちょっとちょっとそこのあなた!もう始まるからお席ついて、早く!」
イワモト「席?」
 マダム「ここはサーカスよ?あなたチケットは?」
イワモト「チケット?」
 マダム「チケットがなくて入って来たの?入り口に怖い人が立ってたでしょう?」
イワモト「はぁ?チケット・・・そんなもん・・・(がさごそ)・・・はい。」
 マダム「何よコレ。プーケット79,800円?」←チラシを渡した

えーっと、ここで他の日のレポとかあんまり見てらっしゃらない方のためにちょっと説明^^。
ここの2人のアドリブ、岩本くんがかなりすごかったみたいなんですよ!(笑)
毎回毎回、違うアドリブを繰り出して、しかもちょっとずつマダムを口説いてる方向に。(笑)
この前楽の公演よりちょっと前の回ではここで婚姻届を出したそうです。orzプクククク
で、マダムはその手渡されたチラシを京本くんに渡すと、
京本くんはそれをくしゃくしゃってして、代わりに違うチラシをマダムに渡す。

 マダム「あら、こっちはベルサイユ7泊8日スイー、スイートの旅ですって!
     また一緒に行きましょうね~♪」
イワモト「『また』!?(愕然)」

振られたイワモトくん(笑)、今度はチケットを出して

 マダム「あら、これは宝塚のチケットじゃない。
     宝塚はあっちよ?ここを出て、お堀の横の道を~~~」

マダムに道案内されてラップでマダムに1人でプーケット行ってやるぜ!みたいな
ことを言って去って行ったイワモトくん。(笑)
やー面白かったよ、イワモトくん。(笑)


アクロシーンスタート。
この時出てくるカズヤがほんっと着膨れてぷっくぷくでめっちゃカワイイの><!
次の衣装の上からピエロ衣装着てるからむくむくまんまるでvv

・フレーム:巨大な額縁の内側を左の壁を歩いて上る→上の枠の真ん中まで行ったら
      仮面を落とす→右壁を歩いて降りてくる
・空中をふわりふわりと歩いて舞台中央に降り立つ(その間にもゆっくり回転したり)
・降りたら左右から衣装をバッと引っ張られて、赤黒のギラギラ衣装へ早替え
・そのまま宙に吊られ、左から右にゆっくり移動しながら高速の縦回転アクロ
・また舞台中央に降り立ち、腰のワイヤーを外して
・キューブ:直方体の枠から出てるゴムの輪に手首を通し、空中でえび反りになったりする

ここまでは前回と同じアクロ。
キューブが終わってカズヤは一旦奥へとハケ、
そこへチャンプチームがカズヤはここにいるぞ!と乱入。

お墓のような、おどろおどろしいセットの中の左奥、少し高台になったところに棺桶!
ボロボロの布をまとったゾンビ的な人たちに脅かされてチャンプチームは逃げる。
ここであの前奏が・・・っ!

ロスマイ!!

ほんっとにこの曲素晴らしいのーーー><!!
コンサートでもやったし、少クラでもバンパイアVer.をやってくれたけど、
とにかくドリボのロスマイはまた別物なんですよーぅ;;;;
前回も同じような感想書いたんだけど、トムはロスマイに関しては
かめのいつもの中性的なセクシーさを感じないんです。
ガッツリバキバキに踊ってて、でも一瞬たりともフリに遅れることなく
最初のダッダッダッダッダッダッダッダッ!のトコから
ずーっと男前!カッコよすぎる亀梨和也なんです!!
今回は2番でカズヤの後ろに20人ぐらいのダンサーさんが1列に並んで
千手観音するっていうフリのトコがあって、これもほんっとーーーーーーにっ!素晴らしい><!
今回は前回よりもさらに照明も素晴らしかった!!

もーーーほんっとーーーーーーにっ!
あれ見るためだけに12,000円払える><!!(←もうちょっと言い方あるでしょ)

はー・・・悶えすぎてしんどい。(笑)
でもまだまだしゃべり足りない。(真顔)

このね、この時の衣装もまーぁカッコイイ><!
上下黒で、スパンコールで縁取られたちょっと長めのウエスト絞ったジャケット!!
しかも腕章付き!!んで仮面!!
仮面は途中で外してぽーいって投げるんですけど、もちろん出てきた顔も超絶男前。orzクラクラ
後半の光るタクトを操る妖しい色気にも当然フラフラ。orzパタッ
もうね、妖気が出てる。あのかめは最早人間じゃない。

ああああああああー;;
今すぐにでもまた見たいよーーーーーー;;;;
みんなにも見てほしいよーーーーーー;;;;;;

しかも、トムはこの日が最初で最後だったけど
この回のロスマイの気合の入りようがすごかったんです><!
それがすっごく分かったのー;;;;
ほんっとに気合入っててハンパなく男前だったんですよーーー;;;;


・・・はぁ。
まぁでもとりあえず今は先に進みましょう。(←ぜひそうしてください)

ロスマイ終わりでカズヤは棺桶の中に入って、ドアを閉める。
1回開けて周りをきょろきょろ。
カズヤが入って次開けた時はコウキが現れて
「俺のいる、こっちの世界に来いよ」的なセリフが入ってた!これ新しかった!!
んで、棺桶がバラバラになって舞台中央の水槽にカズヤが落ち、
水槽が燃えてカズヤは客席から現れる、ってここは以前と変化なし。

現れたカズヤは白のノースリでサテン?っぽい生地に
黒のファイアーパターンが描かれた衣装・・・これ、トム大好きなんす。orzアハン

で、いよいよ舞台中央に三角形の枠が降りてきて、
枠の上には天使の羽みたいのがついててカッコカワイイ!
その枠の真ん中に真っ直ぐに立つカズヤごと枠は空中へ。

まず1回転。
飛び出す前に自分のタイミングを整えるために深く呼吸して、
最後に短く鋭い息を吐くかめ。その直後に飛び出す。

その後2回転→1回転→3回転→1回転と続くんですけど、
この時毎回飛ぶ前には最初と同じような息遣いをしてるんですよ。
目は真っ直ぐ前を見つめて、この時ばかりはお客さんを見ることもなく
ただ、自分の体とド真剣に真摯に向き合ってるかめがいるんです・・・;;
この時の集中力や研ぎ澄まされていく精神、肉体、表情。
それが本当に空気を伝わってトムにまで届く。
自然と両手を組んでグッと力を入れてしまう瞬間。

最後の9回転、雑誌とか他で見たレポでも全ての音が止まるって聞いてたんですけど
いつからか、トムが見た時は効果音が流れてました。
風の音みたいなヒュっとかシュウーとかが流れてたから
かめの息遣いはそこまではっきりとは聞こえてなかったです。

でも、その中でも微かに聞こえるかめの息遣いが本当にすごくて。
この人はどこまでも自分を追い込むんだっていうことと、
そこまで追い込むことってでも、やっぱり彼にとっては
自分のためだけじゃないんだってことを痛烈に感じて。

きっと、そこまでがんばってほしくないっていうファンもたくさんいると思います。
心配で心配で、舞台やってる間は気が休まらない、
そこまでやらなくていいじゃないって、たぶん多くのファンが思ってる。

でもそれでもやるんだと思う。かめは。
そういう男だから。
まにゅでも言ってたけど、もっとがんばれるしがんばんなきゃって思ってる。

トムはそれを、真正面から受け止められるハイフンでいたいと思いました。
この時自分も、握り締めた両手が痛いほどだったくせにそう思ったの^^。

最後の9回転が終わったあと、両手で三角の上2辺を掴んで、腕の力だけで
9回転分ものパワーを吸収する、それだけでも両腕にかかる負担はハンパないと思うんですけど、
やっぱり枠が降りてくる時、降りた後も両腕だらんと力を抜いてる感じ。
でも表情にはかなりの『やり切った』感が滲んでて、やっぱり壮絶に男前。(泣笑)


アクロが終わったらその後はイワモトにナイフをつきつけられるカズヤ。
そこへユウイチが現れ何してんだよ!ともみ合いになり、ユウイチがイワモトを刺してしまう。
動揺するユウイチの手からナイフを奪い、集まってきたメンバーの前で
わざとナイフを振り回すカズヤ。

倒れたジュリを見て心を決めたカズヤ、両脇の警察の手を振り切って逃げる。


「何もかも引き受けてやろうじゃねぇか・・・っ!」



・・・思い出しながらめっちゃ泣きそう;;;;
とりあえず気力が続いたここまでで一旦UPです;;;;
LivingRoom 住人:トム | コメント(2)
コメント
あ~~
ドリボ見たいよ~~~
ロスマイ♪は私もドリボバージョンが好きvv
和葉さんへ♪
ねーホント今すぐ見たいー><!(←ムチャ言うな)
特にドリボVer.のロスマイ。orzミタイ!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。