スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
9月25日(日) 13:00~ in 帝国劇場レポ その4☆


【第2幕】
第2幕はカズヤが逃亡してる様子から。
真っ白な幕が舞台の真ん中より前半分ぐらいかな?のところに降りてて、
後ろが完全に隠れてる状態に。舞台を狭くしてある感じ。
オケピからカズヤがセリ上がりで1人だけ登場、
衣装は上下黒で上はフリンジのついたノースリ衣装。
舞台に降りてるその白い幕がスクリーンになってて、
歌詞にリンクした映像が流れるっていう新しい手法でした。

曲はBAD DREAM。
この曲は、トム自身はロスマイほどは衝撃を受けなかったんですけどカッコイイ系の曲で、
さっきも言ってたように、歌詞の内容と後ろの映像がリンクしてて、
照明も含め、演出がものすごくカッコよかったです!
ダンスは最初カズヤ1人で、逃げてるカズヤを追うように途中からダンサーさんの手が
オケピからわらわらと出てきたり、最終的にはバックダンサーさん付いて
みんなで踊るんですけど、カズヤは終始俯き加減でちょっと緩めのダンスをしてた。
パンフにシーンタイトル:苦悩の逃亡って書いてるんですけど、
逃げることがしんどいっていうか、迷いながらも逃げなきゃいけなくなってしまったって
感じがよく分かる演出だった気がする。

あ、でもここだけに限らず、今回はホントに全体的に分かりやすいストーリー・演出っていうのを
とっても意識してるんだろうなーってすごく感じましたねぇ・・・。

そこからの壁フライング。逃げ続けるカズヤ。

場面が変わって、TV局ではユウイチがデビュー曲『愛しているから』を披露する・・・
んだけど、最初ユウイチは『歌えない』って;;
自分の罪をかぶって逃げてるカズヤがまだ見つからないってことに動揺して歌えないというユウイチ。
なんとか最終的には仲間の説得で歌うことに。
ここ、ゆっちの声が曲にすーっごくハマってた!
あのぽってりとした甘いゆっちの声の『愛しているから』も大好き!
・・・なんだけどストーリーはシリアスです^^;
歌い終わったユウイチはたまらず駆け出して・・・

その様子を病室で見てたコウキ。
愛しているからを口ずさんでるところにジュリが車椅子で入ってきて
「その曲、カズヤが両親のことを思って作ったんだよ^^。いい曲だよね」って。
コウキはそのことは誰にも言うな、とジュリに口止め。
ここの2人のやり取りがほっこりするんですよ><!
「2人揃ってこんなトコで・・・なっさけねぇよなー」とか言い合ってる2人の空気感がホントに自然で。
でもチャンプ・コウキはもうしゃべる力も弱弱しく、その命が残り僅かってことを
自分も悟ってる感じがヒシヒシと;;

自分の病室に戻ろうとするジュリを引き止めて
カズヤとの試合で使った青いグローブを片方だけ渡すコウキ。

ジュリ「なんだよ、そんな、こんなの形見みたいじゃん。」
コウキ「バカ、そんなんじゃねーよ。・・・なんつーか、お守りみたいなモン。」

って笑うコウキがぁぁぁー;;;;ホロホロホロ

ジュリが帰ったあと入ってきたユウイチ。
コウキに「イワモトを刺したのは自分でカズヤは関係ないのに逃げてる、俺どうしたらいい?」と相談を。
コウキも「カズヤのグローブに鉛の板なんて入ってなかった」と告げて
2人はカズヤが誰かに陥れられてることに気付く。
そして俺たちは『友達として』カズヤを助けてやらなきゃ、って。

その後コウキはユウイチに「TV見てたよ。」「あの曲よかったよ。」
「一番最初に音楽やめたカズヤがあんな曲作れるなんてな。」と、
愛しているからの作曲は本当はカズヤだと伝えて、
「これからも歌ってやれ。お前が歌うことをきっとカズヤも喜ぶから。」って・・・;;

そして「また3人で歌いたいな。」って言うコウキに
ユウイチは「そうだな、また3人で歌おうぜ」って返して
ユウイチはコウキのベッドに腰掛けて
2人で愛しているからを歌い出すんだけど、コウキは最後まで歌えない・・・;;;;
最後の「忘れないよ 僕は君を 愛しているから♪」を1人で歌い終えたユウイチが
「コウキ」と声をかけるも、コウキはもう返事をしない。
泣き崩れるユウイチ・・・・・・「コウキーーー;;!!」

この病室のシーン、トムは最初から最後まで泣きっぱなしでした;;;;
辛いの、本当に;;
2人のお芝居が上手いから余計に泣ける・・・っ;;

でもその後、花が降ってくるじゃないですか、7~8本床に突き刺さるアレ。
あれ、見るの怖いんですよねー、トム^^;
なんか何が怖いのかよく分かんないけどすげー怖いの。orz

チャンプが死んだ!?チャンプが死んだ!!って、そこからの
チャンプチームとユウイチチームのファイオーナイとオーロンミーフォーユは今までと同じ。
その後の逃げ疲れたカズヤの前にマダムが現れて自分が母親だと明かすシーンもほぼ同じ。

んーとでもここはざっくりとした流れだけ書いとこうかな。

マダム「お墓の前には野球帽がかぶせてあった・・・」
カズヤ「今更母親面すんなよ!」
マコト「感動的な親子の再会ね。」
マダム「あなただったのね・・・!」
マコト「あたし決めたんです、あなたに復讐しようと!!」

胸に刺ぁさった~棘がい~まも抜~けない~♪(←やっぱり歌う)

カズヤ「みんな色んなモンここに(左胸ドン!)しまって生きてんだよ!」

 ファンファンファンファン(警察)

マダム「カズヤ危ない!(バキューン!)私は大丈夫だから逃げなさい!」

で、ここからのマダムとマコトさん2人のシーン。
設定が大幅に変更されてて、マコトさんの旦那さんがマダムの下で働いてた時
大きなミスを犯して多額の借金を作り自殺。
子育てどころじゃなくなったマコトさんはジュリを養子に→その先がコウキの家だった、と話す。

マコト「でももう無意味ですね、こんなもの・・・っ!」

このセリフ、ドリボには絶対に欠かせないセリフなんですけど(←え?トムだけ?)
今回はちょっと言い方が弱弱しかったんですよ!
子どものためにと心を鬼にしてやってきたけどもう精魂尽き果てたっていう感じが強調されてた。
マコトさんの悪人キャラが作られたものっていうのを感じさせる内容だった。

逃げるカズヤの元にみんなが集まってきて
ユウイチがもう逃げなくていいんだ!って声かけるんだけど、
カズヤは逃げ切ってみせる、と。
で、追っ手の警官に撃たれ、弾が当たったからなのか足を滑らせたからなのか
よく分からなかったんですけど、カズヤはそのまま落ちていって・・・


天国のシーン。
コウキ「あの世とこの世の間だ。」「(門の)向こうは墓場だ。」
この辺りはほとんど変更点はないんだけど、アドリブが一切なくなってて、
でも「あと1時間!?」がなくなってたことに一番びっくりした!(←え)

あ・・・でも一番変わってたのはトムの気持ちだったかも・・・

病室のシーンもそうだったけど、この天国のシーンでトムはかなりガン泣きしてました;;
なんかね、↑上のコウキのセリフから始まったこのシーン、
話が進むにつれてセリフも表情もほんっとうに穏やかになってくんですよ;;
ここまでのストーリーを見てきて、今回のチャンプが今までよりもさらに
繊細で熱くて仲間思いで、でも思うようにいかないことへの苛立ちとか
寂しさや悲しみを怒りの裏側に隠してるトコとか、ホント聖本人にかなり近い
キャラクターだったこともあって、webの聖の俺!をガーって思い出して。

『1幕の最初はホントに一瞬かめを嫌いになる』
『でも2幕の最後にはホントに大好きになる』

あぁ・・・これは聖だ・・・っ;;って思ったらずっと涙が止まんなくなっちゃって;;

シーンラスト、カズヤは舞台右側の手前にあった、セリ上がる装置ですぅっと降りてって
残ったコウキの『And I’ll be there』って曲、
また聖がすんっごい優しい声と表情で歌うんですよ;;
もうね、ホントここの2人がかめと聖そのままだったの;;;;

最後、チャンプのジムで全員が和解するシーンは
ちょっとだけユウイチチームがジムに忍び込むってとこが追加されてた。
あれだけ探していないならもうここしか(探すトコ)残ってない、って言いながら
闇の中、ジムのセットを少しずつ舞台の下から上げてって、
ユウイチチームの子たちが徐々に降りて行くって様子を表してた。

ジムに入って小声でカズヤの名前を呼んでるユウイチチームのところに
チャンプチームの子たちが入ってきて「お前らここで何やってんだよ!」
「カズヤさんここに隠してんだろ!出せよ!」「お前らがかくまってんだろうが!」って言い合いに。
そこへユウイチが登場して「やめろ!」と言いつつ、殴られたり投げ飛ばしたり。
最終的にユウイチが全員倒した図になってたんですけども。(笑)

ユウイチ「全部誤解だったんだ」的なセリフでイワモトが入ってきたんだったかな?
あれは事故だったんだ、ナイフも俺のものだってイワモトが説明。
マダムとマコトさんも加わって鉛の板を仕組んだのは私(マコトさん)、
でもマコトさんはジュリのためを思って仕方なかったの、許してやって頂戴ってマダム。
そこへカズヤ登場で「ジュリの手術、成功したよ。」

ここから大団円に。NEXT DREAM。
僕の母です、ジュリの大切な人って紹介してから
白いタキシードで真ん中にカズヤ、右側にユウイチ、左にコウキ、で
3人で客席に少しだけ出てくるような位置でフライング。

この時の3人のフライングがトム、大好きで^^。
ストーリーを経てきて成長した3人がキラッキラで飛んでる姿見るのがホント幸せで;;
んで、この飛ぶ前にバックのジュニアの子が3人の背中にワイヤーをそれぞれセットして
肩をぽんぽんってやる光景見るのも大好きなんです;;
カンパニーの素晴らしさを目の当たりにする瞬間っていうか;;

最後の曲、挑戦者。
今回ちょっとだけ歌詞に変更があった!
「練習生募集のチラシを握り締めた少年 年齢といい体格といいあまりに場違いで」って
歌い始めのトコしか覚えてないんですけど、
コレって確か毎回、ジュリポジションの子の話でしたよね?
でも今回はトム、コウキの話に見えたんですよ。
これってトムだけかなぁ・・・
(って今マチさんとこ行ったらマチさんも同じこと言ってた(笑))


さて・・・んーともっかい切らしてください^^;
最後はショータイムからラストまで!

今日中にUPできるかな・・・(笑)
LivingRoom 住人:トム | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。