スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

DREAM BOYS 2012

2012/09/23 Sun 14:47

お江戸日帰りは体にこたえます(ノ∀`)
ホントもう若くないなー(笑)

昨日は1日ダラダラと過ごし(ってか起きたら10時だった笑)
夜は夜でごはん食べたらソファで寝ちゃってて起きたら3時だったっつーね(ノ∀`)
ってか昨夜は寒かった><!
急に寒くなってきたんで皆さん風邪ひかないように気をつけてくださいね~♪


さて。
いつもなら余力を振り絞ってレポるトコなんですが
どうにもこうにも振り絞れる余力がないもんで^^;
非常に簡単に、感想だけを残しておこうと思います・・・


今回はオープニングから様子がガラっと変わって、
かめ以外のメインキャストが全員同級生かな?でボクシング部にいたと。
カズヤは1人先輩の役で、登場シーンのあの学ランがまぁステキなこと(*´ω`*)

今回のチャンプが玉森くんってことで、チャンプとカズヤの関係性もだいぶ変わってました。
ユウタ(玉森くん)は高校時代1度もカズヤ先輩に勝てなかったことを悔しく思っていて、
それでいてカズヤ先輩を慕う気持ちもすごく強く持ってる、そういうチャンプで。
最初から最後までユウタだけはカズヤのことを「先輩」って呼び続けてた^^。
自分の時間が残り僅かになっていることを知ったユウタは
何か企みがあることを感じながらも、弟・ナオキのためにボクシングの試合をすることを決意して
その相手に1度も勝てなかったカズヤを選んだ。

かめが雑誌のインタビューとかでもちょこちょこ言ってましたけど、
今回悪い人を登場させたくなかったってことでだいぶ様子が変わってたなー。
あ、でもはっきり言って、やっぱりサキホさんだけは他よりだいぶ悪い人に感じますけどね(笑)

カズヤ自身もね、今までのカズヤとはだいぶ違ってた。
今までは冒頭ではちゃらんぽらんで適当に生きてる人物っていう設定だったけど、
今回は適当に見せつつ実は芯が強くて周りの人をよく見てる人。
パンフレットのインタビューでもちょこっと触れられてたけど・・・『亀梨和也』に近い人物でした。

ユウタを助けるためにカズヤがケンカをしたことでボクシング部が廃部になりそうになった時、
誰にも何にも言わないで勝手に1人ボクシング部を去ったり。
ヒカルが多額の借金を抱えてるのを見過ごせないでユウタに土下座したり。
(ここはシーンとしては変わりなしだけど、心情的にもっと親身になってる雰囲気を感じた)
トシヤ(宮田くん)がヒカルと一緒にやってくことに不安を感じてることを知って
もうちょっとだけがんばってみなって励ましたり。
とにかくねー、おにーちゃんなかめの穏やかな表情がすごくカッコよかったんです(*´ω`)vv

あー、いい顔してんなー・・・って、それだけでおっさん泣く(笑)
今回初めてオペラグラスを買って行ったんですけど
しょっちゅう曇るのね、アレ(ノ∀`)←泣きすぎ
ストーリー的にはもはや熟知してるって言えるぐらいなので(笑)、
今回はほんっとにかめばっかり見てた。
ほんの一瞬の表情も見逃したくないって気持ちが強くて。
オペラグラスをずっと当てて・・・両腕が筋肉痛になりました(笑)

でもオペラグラス持ってってホントよかった!
アクロバット大回転の時、ずっと見てたんですけど
かめの顔がね、1週回転する毎にどんどんどんどん引き締まっていくのを見れたんですよ><!
5回転くらいのとこではだんだんアゴまで尖っていく様な、
とにかく回る毎に研ぎ澄まされていくかめがこちらから見てとれて。
8回転して止まって、降りてくるかめは少年みたいな顔つきでした。
負けず嫌いで自分のやるべきことに真剣で。
そして、とっても純粋な亀梨和也だった気がする・・・;;


さて、他のキャストのこともちょっとお話しとこう。
チャンプ・玉森くんは見違える程お芝居が上手になってた!
ひょろひょろでぽわんとした印象が強かった玉森くんがすごくたくましくなってて
びっくりしたなー^^
光くんはとにかく手がね!!すげーキレイなの!!(←相変わらずのへちっぷり)
登場シーンで木目のボディが薄いベースを指弾きしてるんですけど
めっちゃ素晴らしいあの手&指!!
演技力に関してはヒカルくんの心配はしてなかったので言うことは何もないっす(笑)
千賀くんはダンスやっぱりすごくキレイだったなー♪
男性的な力強さがあるのに、女性的なしなやかさもある感じ。
誰に似てる、とかじゃなくて、他の人とはちょっと違う印象だったなv
宮田くんはやっぱり癒される存在(笑)
今回のドリボはアドリブシーンがほとんどなかったんですけど、
その中でもアドリブでほっこりさせてくれたのはほぼ宮田くんとの絡みでした(笑)


かめは、全体的にすごくおにーちゃんで先輩で頼もしい存在でした。
後輩とのやり取りの間の顔、あれは演技力だけではなかったとトムは感じたんですよねー。
キャストを心から信頼して、自分の持ってるものを
全て出し惜しみなく見せているような雰囲気があって。

あぁ、こうやって後輩にもお客さんにも見せたいんだなって思ったの。
男は背中で語るとか背中を見て育つとかって言葉がありますけどかめはそうじゃないんだなって。
ちゃんと、自分の姿を、自分の意思で見せたいんだなって、なんかそんな風に感じたんです。

フライングもアクロバットも台詞の1つ1つも最後のお辞儀も・・・全部が集大成なんだなって。
ほんのり寂しくもなったけど、本当に素晴らしいカズヤでした。


2012年のKAZUYAに会えて、本当に幸せでした。
特に今回は最上段ではありましたけど、
ド真ん中のお席でろすまいが見れたこともすごく幸せでした(*´ω`*)

あ、1582の乱れっぷり見れたのは違う意味で幸せでしたorzクタッ
腰をワイヤーで吊られて仰向けで喘ぐ姫は最高にキレイでした・・・orzボタボタボタ

・・・ってこれ、最後に言うことじゃない(ノ∀`)
割としんみり語ってたのに台無し(ノ∀`)←大得意



色んな方に感謝!

ありがとうございました!!



かめ、本当に、ありがとう・・・^^
LivingRoom 住人:トム | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。